チョコも飲んでます

実はチョコもお薬飲んでます。

心臓のお薬ではありません。抗生剤です。

先週、散歩から帰ってお顔を拭いたときに、右の目頭が腫れてない?

と嫌がらない程度に押したら「ゲゲッ!」なんか出てきた

チョコマイボーム腺腫1

(目頭もっとプックリしてました。)

『マイボーム腺腫』ということです。

マイボーム腺という腺が詰まって起きる症状だそうです。

思いっきり絞り出したいところですが、目頭だしこれ以上は無理そう。

病院では「抗生剤を飲んで後は詰まりが解消するように

マッサージしてください。」と。

チョコマイボーム腺腫2

蒸しタオルを当ててから片方ずつ眼を開いて閉じてマッサージします。


まいぼーむ3

開いてー!


まいぼーむ4

閉じてー!


これを10回ほど繰り返します。

一日に2,3回するように言われてますが、

なかなか難しいです。最低1回はするようにしてます。


チョコは肛門腺といい腺が詰まりやすいんでしょうかねぇ。





スポンサーサイト

お薬飲み始めることになりました

シロン11歳9カ月。

3月に11歳になったときに健康診断していただきました。

そのとき「少し心雑音がしますが、もう少し様子を見ましょう。」

と言われ、2,3ヶ月おきに検診に行ってます。

心臓の僧帽弁閉鎖不全症とのことです。

昨日、行ってエコー検査をしたところ逆流が見られるらしく

「そろそろお薬飲み始めた方がいいですね。」ということになりました。

シロンお薬1

シロンお薬2

こんなかんじのお薬です。血管拡張剤とあります。

「服用すると血圧が下がるので朝飲ませてください。

何かあっても昼なら病院開いてますから。」

って、ちょっと怖いですね。

今朝のご飯に混ぜました。

普通に食べて何事もなかったです。良かった良かった。

シロンお薬3

準備している間の「早くして!」のシロンです。


心臓のお薬なのでこれからずーっと飲み続けるわけですね。

昨日の病院の待合室で14歳キャバリエの飼い主さんとお話しました。

やっぱり同じ病気でその子は7歳からお薬飲んでいるそうです。

夜中に心臓発作ももう3回くらい起こしてるって。

「この子がこんなんで一緒じゃないとどこにも行けない。」

って言ってましたが、そう話す飼い主さんの顔をじっと見つめる

わんこ幸せそうでした。(キャバリエはお目々大きいしね)




プロフィール

しろちょこママ

Author:しろちょこママ
主人と娘、2匹のスピッツ(シロン:苦労知らずのお嬢わんことチョコ:元保護犬、ビビりだけど実はちゃっかりわんこ)と暮らしています。
そんなワンコとの日常をぽつぽつ書き綴っていきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR